0528header
6月のゲーム全体のバランス調整について、公式ニュースにて発表がありました。

6月のゲーム全体のバランス調整について

量が多いので、細かい内容については確認していただきたいと思いますが
この中で戦闘に関わる上方修正、下方修正についてピックアップしてみました。


上方修正


・ジョブ「侍」の持つアビリティの効果内容が調整されます
・キャラ「レ・フィーエ」、「ソフィア」の持つアビリティの効果内容が調整されます
・「守護」によるHP上昇量が引き上げられます
・種族「???」が全ての種族判定をもつようになります
・各キャラクターのアビリティダメージの引き上げ
・ゼニスパークの強化回数上限の引き上げ


下方修正


・通常攻撃ダメージの減衰仕組みの導入
・弱体効果耐性の導入
・モードゲージ減少量を調整




まずは上方修正に関して。

アビリティ、守護に関しては使い勝手の悪かったところを上方修正してくれた感じですね。
一部そうじゃないって修正もありますが、まあ手を加えないよりはマシになるはずです。

種族「???」については上方修正ですね。これは嬉しい。
種族???はケルベロス、ノア、アーミラ辺りが対象になります。理想のメンバーにも変化があるかも?
しかし、「複数の種族の効果が重なる場合、最も効果値が高いもののみが適用されます」とあるので
これが例えばバハ短剣、長剣が重ならないのか、重なるのかが少し分かりにくいですね。

各キャラのアビリティダメージ上昇も、キャラ毎にアビリティによるダメージの格差がありましたので
それが解消されるのであれば、SSRなのにSRよりアビリティダメージが低いということもなくなりそうです。
ただし、「特定のキャラにおいて」なので、これも少し怪しい部分があります。



さて、問題の下方修正です。

・通常攻撃ダメージの減衰仕組みの導入

これについては、オーダーグランデを狙い撃ちにしてきたな、と思っていたのですが、twitterにて
「ブレアサの追い打ちは、減衰の影響を受けないようになります。紛らわしくて申し訳ありません」
とのことなのですが、となるとどこを問題視していたのか、よく分かりません。詳しくは実装待ちになりそうです。



・弱体効果耐性の導入

個人的に最大のクソ要素だと思っています。
これは長期戦になればなるほど不利になるということで、火力が低く倒すのに時間がかかる層がジリ貧になって死滅する可能性を秘めています。
一応「バトル後半だからデバフが全然入らない!という風にはならないようにします。めちゃくちゃ長引いた上にすごい頻度でデバフを連発しても大丈夫なように下限を設けます。」とのことなので
下限で8割くらいは入ると思っていいのでしょうか。それでも厳しくなると思いますが…。



・モードゲージ減少量を調整

HPの多いボスにも割合で効いていたからこそデュレーションに価値があったのに、減少量が抑えられたら価値がなくなります。
「討滅戦や、シナリオイベント・古戦場の最高難易度のボスに対してはほぼ影響は出ないような調整」とありますので、主にプロトバハムートやマキュラマリウスなどが対象なのでしょうが、どういった調整になるのか…。 




いろいろ危惧するところはありますが、大型アプデは大抵
「まあ実装されてみたら大したことなかったね…。」
っていうことが多いので、そこまで深刻にならなくてもいいかもしれません。
でも、運営様には何卒慎重に調整していただきたいと思います…。